Posted by at

カメルーン杯中津江村ジュニアサッカーフェスティバル

2010年05月25日

5月29日、30日はカメルーン杯が開催されます。

今回は記念すべき5回大会。そしてワールドカップイヤーということで楽しい企画がたくさんです。

まずは地元日田のチーム、三芳少年サッカースクールの皆さんがカメルーン代表ユニホームを着て戦ってもらいます。
対戦するチームもワールドカップの雰囲気でがんばってくれると嬉しいです。

そしてスペシャルゲストとして日本サッカー協会名誉会長川淵三郎氏がお越しになります。
初めての訪問ですが、理事長の坂本とは2002年のワールドカップから交流が続いておりました。

お忙しい中、こちらからのお誘いに快諾してくださり、29日の夜は記念講演会が予定されております。


そして、「中津江版 川淵ジャパンVS坂本カメルーンPK対決!」
この日のためにサッカー未経験者の理事長は只今特訓中です。

さて、どちらが勝つのか。。。ちなみに川淵さん73歳、坂本理事長79歳。無理のないようにがんばってください。


そして番外編ですが、
30日は応援のために使用するための小旗400本を地元の小学生と住民の方で作ります。

6月14日のテレビ観戦はこの旗を振りまくって盛り上がりたいですね。


その傍らでは、私企画のマッチフラッグカメルーンバージョンを作ります。
これは坂本理事長が南アフリカに応援に行きますのでこの旗を持っていって応援してもらいます。

そしてもう一枚は半分は中津江の子供たち、そしてもう半分はカメルーンの子供たちに作ってもらうことになりました。
いろんな方の協力で6月14日カメルーンのパブリックビューイングの会場にいる子供たちに作ってもらいます。

それがまた中津江まで帰ってくるので遠く放れた場所ですが深い交流ができるのではないかと楽しみにしています。


そしてまたまた番外編というか「ケチャの森実行委員会」からのお知らせ

2002年ワールドカップカメルーンキャンプ。その当時、私たちはケチャというカメルーンからの留学生にたくさんの協力をもらい、カメルーンキャンプ成功のために一緒に奮闘してきました。
そのケチャが交通事故で亡くなって5年がたちます。

彼の功績を語り続けるために「ケチャの森の会」を立ち上げ活動中なのですが、今回のカメルーン杯に参加してくれる子供たちに使わなくなったシューズ提供してもらいカメルーンに送る計画をしています。
カメルーンの子供たちは裸足でサッカーをしていて怪我をし、破傷風で亡くなる子供たちが多いと聞いています。そういう子供たちに使ってもらいたいと考えました。

29日、30日に直接スポーツセンターに持って来てくることが可能な方は是非ご協力をお願いいたします。

  


Posted by michi at 15:34Comments(0)

マッチフラッグ第2弾!

2010年05月08日

7日に第二回目のマッチフラッグ作りをしました。
今回は中津江小学校の3.4年生の12名、デイサービス利用者のおじいちゃん、おばあちゃんの17名です。
小学生のみなさんに前もってパーツ作りをしてもらい、今日はみんなで貼っていく作業をしました。





子供たちはそれぞれにおもしろいアイディアでとても器用に作ってくれています。
カメルーンはアフリカのジャングルをイメージしたみたいで、キリンやライオンの動物たち、そして大きな魚。
私は子ども達の豊かな発想力に感動しました。

とっても素敵なフラッグが今回もできました。









今回は2002年のワールドカップを知らない子供たちに今までのカメルーンとの交流を知ってもらうきっかけに。
そしておじいちゃん、おばあちゃんには8年前のキャンプのことや歓迎のために旗を作ったことなど思い出してもらうきっかけになればと思いました。

6月14日まであとわずか。
最後にみんなで声を合わせて「カメルーン、日本、がんばれ~!」



参加、ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。  


Posted by michi at 10:52Comments(0)